2016年02月12日

電線について@

仕事ではなくてはならない電線について調べていこうと思います。
電線の起源について
電線の起源は意外と知られていないそうです。
1744年にドイツのライプチヒでJ・H・ウインクラーが放電火花を遠距離に送ったことが電線が発明された瞬間だとされています。
ウインクラーは、絶縁された導体を用いれば、世界の果てまで送ることができると述べたとされているそうです。
1752年には、アメリカのベンジャミン・フランクリンが凧を用いて、雷が電気であることを証明したといわれています。
凧の糸を湿らせて、凧に落ちた雷の電気をライデン瓶に溜めることに成功したとされています。
その後、19世紀に入ると、アメリカやイギリスで、通信網の実用化を目指して、電線の開発が進んでそうです。
当初は、安くて強度があるという理由で、鉄が使われていたそうで、
しかし、より遠くに信号を送るために、鉄より電気抵抗の低い銅が電線の主流となっていったそうです。
また色々と調べていきたいと思います。
posted by mukae at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 新人さん日記