2016年12月08日

2016年 ムカエ忘年会を開催しました。

12月に入り・・・誰もがよく感じる「今年もあっという間だったなぁ」 と1年を振り返る、そんな時季になりました。

今年を振り返ると、(株)ムカエは秋に創業10周年を迎えておりました。
益々、多くの企業様の自動省力化に貢献すべく、社員一人一人が日々の業務に邁進していかねばならないと、決意を新たにする機会でもありました。
10周年は、ひとつの通過点にすぎないかもしれませんが、前を向いて突き進みつつも時には振り返ったり足元を見直してみたり、そんなポイントだとも思えます。
(株)ムカエはこれからもっと成長していけるよう努力をしていかなければなりません。


そして今年を振り返ったなら、その後もうひとつ大事なことは・・・
       今年の労をねぎらい、来年への英気を養う = それは、忘年会です!!

(株)ムカエも先週末、社員全員が揃い協力会社様にもご参加頂き、総勢21名で忘年会を催すことが出来ました。
美味しい淡路ビーフをお腹いっぱい堪能でき、幸せなひとときでした。




忘年会当日は、枚方営業所からも6名が淡路本社へ向かいましたが、明石海峡大橋はいつ見ても美しいですね。
Wikipediaで調べてみると、明石海峡大橋は世界最長の吊り橋なんだそうです。
広がる海と行き交う船を見ながら橋を渡るときは、いつもテンションがあがります。

明石海峡大橋.JPG


年末〜年始にかけて、お正月返上で出張&工事の予定も入っており、すでにお仕事モード全開になっていますが、安全・健康に気をつけて来年も実り多き1年になりますように。

地元の有井焼肉店様、リーズナブルなのに最高なお肉! ありがとうございました。
ご参加下さった協力会社様、いつもありがとうございます。来年もどうぞよろしくお願い致します。

春には、2009年の社長ブログにあります 「綺麗な綺麗な桜」 のたもとで、またこのような機会が持てたら良いですね。




posted by mukae at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月14日

マシニング

淡路本社にはマシニングが仲間入りしています。


大活躍です!!


P1100729.JPG



P1100727.JPG

posted by mukae at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 新人さん日記

枚方営業所だより

ご無沙汰しています。
枚方営業所、元気にやっています!

久しぶりの更新になってしまいましたが、現在は営業1名、現場2名、事務1名の計4名となり開設当初と比べてずいぶん賑やかになりました。
こぢんまりした人数ですが、その分コミュニケーションも取りやすく毎日元気に頑張っています。
この業界は、世間の皆様がお休みの時に現地工事が入ったりして忙しいのですが、例に漏れず年末年始は忙しくなりそうです。本社メンバーと共に体調管理にも気をつけて乗り切っていきたいです。



posted by mukae at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 枚方営業所

2016年11月03日

電線についてA

11月に入りました。

寒くなって来たので、風邪など引かないように体調管理には十分気を

付けないといけないですね!


今回は絶縁電線の歴史について調べてみました。

最初の絶縁電線は絹布や綿布を巻きつけたものが使用されていたそうです。

この手法は婦人用帽子屋の“bonnet wire”と呼ばれる技法だそうで、

婦人用の帽子に使用する鉄線に絹の布を巻き付ける技法で、

当時の絶縁電線はこの技法で絹布を銅線に巻きつけるのが

一般的な方法だったそうです。
1820
年大から1830年大にコイルや電磁石を作るのに

使用された電線はベルワイヤで、

このベルは、主人が召使を呼ぶのに銅製のベルを鳴らしていましたが、

その銅製のベルと同じ材料を使用して作られたのがベルワイヤで、

太さ約2mmが当時の電線の標準品だったそうです。

この電線に絹布や綿布を巻きつけたものが絶縁電線だったそうです。

また色々調べていきたいと思います。

posted by mukae at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 新人さん日記

2016年04月26日

懇親会

20160423.JPG

海に面した開放感たっぷりのテラスでのバーベキュー。 最高ですね! (淡路島ってホントにいいところですね)

仕事のスケジュールの都合がつかず忘年会も新年会も出来なかったのですが、やや強行ぎみ、淡路島 本社の近くでようやくムカエの懇親会が行われました。
社員はもとより協力会社の方などお世話になっている方々にもご参加頂き、親好を深めることが出来たのではと思います。
ほんのひとときでしたが、英気を養いまた良い仕事が出来ればいいですね。
懇親会の後もすぐ仕事に戻られた方も多数いらっしゃいました。本当にご苦労様です。
まだしばらく繁忙な状況が続きそうですがスタミナをつけて乗り切りたいですね!
posted by mukae at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 枚方営業所

2016年04月11日

機械装置の搬出です!

本日は枚方営業所から完成した装置が搬出されました。
大きなトラックに無事積み込みも完了し、あとはお客様の所へお届けし据付・調整をしてお引き渡しとなります。
お客様の各ご担当の方々のご苦労と、ムカエの社員たちが精魂込めて作ったこの装置で製品が生産され、いくつもの部品が組み合わさって世の中で役立つことを考えるとワクワクします。20160411.JPG


posted by mukae at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 枚方営業所

2016年04月04日

背割堤(せわりてい)

四月に入り、一気に桜も開花して見頃を迎えているようです。
枚方営業所は京都や奈良にも近く少し足を延ばせば桜の名所もたくさんあります。
今日は、地理的には枚方営業所から真北に8km、車で30分弱の所にある背割堤(せわりてい)をご紹介します。
背割堤は宇治川と木津川を区切るように設置された堤防で、約1.4kmにおよぶ桜並木が有名です。
昨日は曇り空でしたが満開の桜を見に行ってきました。20160404-1.JPG
堤防の上は桜のトンネルをずっと歩くことが出来ます。20160404-2.JPG
堤防を下りるとまた圧巻の桜並木を見れます。
20160404-3.JPG
思い思いにお弁当やバーベキューを楽しむファミリーやグループを眺めながら、平和であることに感謝の気持ちが生まれました。
また、来年も再来年もずっとこんな風景が見られますように。。。
posted by mukae at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 枚方営業所

2016年03月01日

3月です!

3月に入りましたが、まだまだ寒いです。
体調管理には十分に気を付けて下さい。
そろそろカイロも必要のない季節になってきましたが、
カイロについて面白い記事が、書かれていたので色々調べてみました。

鉄を濡れたまま放置しておくとサビが出るのは日常よく目にすることですが、
これは鉄の酸化、鉄が空気中の酸素と反応して
酸化鉄になる化学反応だそうです。
化学反応が起こるときに出る熱を有効利用したものが使い捨てカイロだそうです。
日常の生活の中でも、鉄がさびる時には熱を出しているそうなのですが、
普通はゆっくりと反応が進むので熱として感じることはないそうです。
現在のカイロの原型は1950〜1953年頃までさかのぼるそうで、
鉄を急速に酸化させれば熱を発することが分かっていたため、
寒い朝鮮半島で戦うアメリカの兵隊は水筒のような容器に鉄の粉と食塩を
入れてカイロとして利用していたそうです。
それを日本人が工夫して、現在のカイロが生まれたそうです。
考えた人は本当に素晴らしいと思いました。
寒い冬にはとても重宝するのでとてもありがたいです。
posted by mukae at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 新人さん日記

2016年02月19日

枚方だより

今朝は暖かく、事務所に出勤してふと見上げると裏の住宅のお庭に梅の花が咲いていました。
20160219-0.jpg
結構、満開に近いですね。
バイク通勤の寒さで背中を丸めていたからか、今まで全く気づきませんでした。
春も近いんでしょうか?

枚方を紹介するのにまず思い浮かんだのが事務所からも車で5分程度とほど近い『山田池公園』
ここは大阪府営の公園で面積67.4ヘクタールの規模の大きな公園です。
公園内にはジョギングコースや無料のバーベキュー広場もあり四季折々の花と野鳥観察が楽しめます。
名前の通り、中央に山田池が広がり水面に映る月が美しく『山田池の月』は枚方八景にも選ばれています。
ご近所の梅の木のように山田池公園にも、もう花が咲き始めているかもしれません。
これからの季節、スモモ、ソメイヨシノ、ユキヤナギ、レンギョウ、ツツジ、サルスベリ・・・あじさいに花菖蒲と絶え間なく花でいっぱいになります。
こんなにすてきな公園が近くにあるのに、訪れないのはもったいないですね。
寒がりさんでも外へ出かけたくなるくらい早く本当の春が来て欲しいものです。
休日にはリフレッシュして、新たなやる気スイッチをON!!!20160219-2.jpg


posted by mukae at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 枚方営業所

2016年02月12日

電線について@

仕事ではなくてはならない電線について調べていこうと思います。
電線の起源について
電線の起源は意外と知られていないそうです。
1744年にドイツのライプチヒでJ・H・ウインクラーが放電火花を遠距離に送ったことが電線が発明された瞬間だとされています。
ウインクラーは、絶縁された導体を用いれば、世界の果てまで送ることができると述べたとされているそうです。
1752年には、アメリカのベンジャミン・フランクリンが凧を用いて、雷が電気であることを証明したといわれています。
凧の糸を湿らせて、凧に落ちた雷の電気をライデン瓶に溜めることに成功したとされています。
その後、19世紀に入ると、アメリカやイギリスで、通信網の実用化を目指して、電線の開発が進んでそうです。
当初は、安くて強度があるという理由で、鉄が使われていたそうで、
しかし、より遠くに信号を送るために、鉄より電気抵抗の低い銅が電線の主流となっていったそうです。
また色々と調べていきたいと思います。
posted by mukae at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 新人さん日記