2024年03月14日

救命講習


先日、ISO14001の緊急事態対応訓練の取り組みとして
救命講習を受講しました。
最寄りの消防署から隊員の方にお越し頂き、応急処置の知識や実際の現場の様子、
止血法や心肺蘇生法の実演など様々な事を教えて頂きました。


一般的に「救急車が到着して手当を受けるまでの時間」と「生存確率・社会復帰率」は
反比例することはご存知のことと思います。
自分は救急隊員ではないから・・間違った方法をしたらどうしよう・・と二の足を踏んで何もしないより、とにかく早く応急処置し救命のチャンスを高めることが大切ということです。


P1020771.JPG



受講していて気付いたことがりました。
私自身、間違った認識をしていたのが「AED」の役割です。
AEDは「心停止している心臓にショックを与え再び動かす」ものだと思っていたのですが
そうではなく
「心停止は、心臓が細かく震えてる”心室細動”が原因であることが少なくないため
心臓にショックを与えて震えを取り除く(除細動)」という役割があるそうです。
よって、できるだけ早くその処置を行い、心肺蘇生をあわせて実施することで
生存率が何もしないよりは格段に上がるということです。(約2.4倍)


P1020782.JPG


また心肺蘇生法も、心臓マッサージと人工呼吸がセットのイメージだったのですが、
血液中に酸素が含まれているため、人工呼吸で口から酸素を吹き込むよりも
心臓マッサージをして全身に血液を運ぶ方を優先した方がよいという事も驚きました。
人工呼吸をすることは、様々な状況でどうしてもためらわれることがあると思いますが
もしためらうのなら無理に人工呼吸をせずとも心臓マッサージを優先する方がよく、
また心臓マッサージをやめてしまうと、効果が徐々に薄れるのではなく
いきなり「ゼロ」に落ちてしまうため、とにかく心臓を動かし続ける事が肝心だということでした。

心臓マッサージは、胸の真ん中を深さ約5cmまで圧迫する必要があり、
テンポも遅すぎても早すぎてもだめで、1分間に100〜120回でする必要があり、実際にメトロノームに合わせてやってみると結構な速さがあり、1分やるだけでもかなり大変でした。
(もしもしかめよ〜のリズムが分かりやすいと聞いたことがありましたが大体それ位の速さでした)


P1020812.JPG


今回全社員受講し、修了書をいただきました。
日常生活で実践することはほぼない(と思う)ため、2〜3年に一度は再履修し
またいつ何時そういった場面に遭遇しても対応できるようにしておいて方が良いということです。



今年は北陸の大地震から始まり、事故・事件など様々なことが起こっている
激動の年の幕開けとなりましたが
なにごとにおいても常日頃から備えが必要だということを再認識するとともに
なにも起こらない平穏がどれだけありがたいかを実感しました。



posted by mukae at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年12月11日

2023年 忘年会


新型コロナウイルスの流行も、5類感染症に移行されたことで
マスク解禁や声出し応援解禁など、ようやく世間も通常に戻ってきました。
今年は暖冬予想だそうなので、せっかくマスクもはずせたことですし
風邪などあまり流行しないことを願います。


さて、先日ムカエとテムテックの合同で忘年会を行いました。
今年の会場は がんこ 高瀬川二条苑様

「豪商 角倉了以の別邸跡」という由緒あるお屋敷で、
趣のある館内やお庭が散策できるほどの広さがあり
紅葉の時期とあって、縁側から望む景色が色鮮やかでした。

IMG_1989.JPG
IMG_1991.JPGIMG_1992.JPG


土井社長の挨拶から始まり、秋葉さんの音頭で乾杯。
こんな大勢での食事は1年ぶりなので皆でわいわいとに賑やかに楽しく会食しました。

IMG_8309.jpgIMG_8310.jpg


お料理も紅葉の時期に合わせた飾り切りや美しい器で、目でも舌でも楽しませて頂きました。
また、焼き物揚げ物炊き込みごはんにグラタンなど、食べきれないほどのボリュームがあり
味もお腹も大満足。
食べるのに夢中で写真を撮っていませんでしたが(笑)、個人的にはカニの炊き込みご飯が
とても美味しかったです。

IMG_1997.JPG


一般的に”京料理は味が薄め”とは言われていますが、食べ終わる頃にちょうど良かったと
思えるように作られていると言われている通り、帰る頃には日頃の食事とはまた違った
上品な満足感がカラダ中に広がっていました。


こうして、あたり前の日常があたり前にやってくるありがたさをかみしめながら
今年も無事に年を納められることにほっとしています。

そしてまた来年も社員一同元気に働けることをいのりつつ
一足お先に、年末のご挨拶とさせていただきます。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。





ちなみに
今年の個人的な京都散策は「京ばぁむ」に行ってきました。
工場見学ができるようになっているのですが、自動化省力化装置を扱っている会社の一員として
こんなところにも導入されている装置があるのかと感心を持ちながら
興味深くしげしげと見入ってしまいました。

大人になってからの社会見学は、学生の頃とは違った視点で見る事ができて面白いですね。

IMG_1970.JPG
IMG_1976.JPG
IMG_1981.JPG



posted by mukae at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年09月13日

国際フロンティア産業メッセ2023

 先週「国際フロンティア産業メッセ2023」に出展させていただきました。
国際フロンティア看板(ブログ使用)@.JPG

出展の様子@.JPG

5軸加工機で製作した弊社オリジナルの「招き猫」をはじめとする加工品。
出展の様子A.JPG

弊社開発のオリジナル製品。
左から卓上カード巻装置、糸面取機、ドリルスタンド
出展の様子B.JPG

展示会の様子。
出展の様子C※使用するのであれば 訂正版.JPG
弊社のことを少しでも知っていただけたと思います。
2日間で70名を超える方々に名刺交換させていただきました。
弊社のブースに立ち寄っていただいた皆様誠にありがとうございました。

色々な業種の会社が出展されており、大変良い勉強をさせていただきました。
次回機会があれば、他社様の良いところを参考にし、改善して出展したいと思います。
posted by mukae at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の取り組み

2023年09月11日

招き猫キーホルダー

弊社ではオリジナルの招き猫に引き続きキーホルダーサイズの招き猫を
同時5軸マシニングセンターで制作致しました。

CAMでプログラム作成と緩衝チェック。
1.CAM ブログ使用.png

同時5軸マシニングセンターに材料をチャッキングします。
2.材料チャック ブログ使用最終.JPG

粗加工工程。
正面と裏面の写真。
3.粗加工 ブログ使用(正面).JPG4.粗加工 ブログ使用(裏面).JPG

中仕上げ工程。
5.中仕上げ ブログ使用(正面)候補2.JPG6.中仕上げ工程 (裏面).JPG

最終仕上げ工程。
7.最終仕上げ ブログ使用(表面).JPG8.最終仕上げ ブログ使用(裏面).JPG

表面処理。
写真左から黒色アルマイト、金色アルマイト、白色アルマイトの
3色にて表面処理をしました。
9.表面処理 ブログ使用.JPG


最後にストラップを付けて完成です。
10.ストラップ付 ブログ使用.JPG

小さく制作するにあたり、小径エンドミルで曲面を加工するのが
非常に難しいのですが、最終的にきれいに仕上げることができました。

近々弊社ホームページの通信販売にて一般販売させていただく予定ですので、
弊社ホームページをご覧ください。
posted by mukae at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の取り組み

2023年06月30日

招き猫

弊社ではオリジナルの招き猫を同時5軸マシニングセンターで制作いたしました。
福を招く、小判を招くといって日本では開運動物として親しまれている猫。
調べてみると、風水でもしっかりとした力を発揮するということです。
また、招き猫は上げているのが右手、左手によってご利益が違うとされています。
右手は金運や幸福を呼び込み、左手は商売繁盛や良縁など人に関する福を呼び込んでくれると
されています。

3Dプリンタでモデル作成。
3Dプリンタ.png

CAMでプログラム作成と緩衝チェック。
CAM.png

同時5軸マシニングセンターで削り出し制作。
猫加工.jpg

同時5軸マシニングセンターを最大限に活かし、滑らかな曲線で仕上げました。
加工完成.png鳥居設置.png

弊社が寄贈した鳥居にも設置しておりますので、
近くにお越しの際は、是非一度ご覧ください。
posted by mukae at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の取り組み

2023年05月22日

蛭子神社鳥居奉納銘板製作と設置。

3年ぶりの行動制限のないゴールデンウィークもあっという間に終わり、
気分一新して仕事に取り組めている方は多いのではないでしょうか。

さて、当社が蛭子神社に鳥居を寄贈させていただいたということもあり、
寄贈銘板(奉納者銘板)の製作と設置をさせていただきました。

3Dプリンタでモデル製作。
3Dプリンタ (4).png

弊社の5軸マシニングセンターで削り出して製作。
加工完成.jpg

裏面も柱の径と柱の角度を計算し加工しました。
裏面.jpg

鳥居に設置。
末広がりに角度のついた円柱に対して、設計通りに真っすぐ設置することができました。
設置バック.png
設置.png設置A.png

アルミニウム独特のツヤと削り出しの重厚感が鳥居とマッチし、
鳥居をよりいっそう引き立ててくれてます。


寄贈銘板の製作を考えられている方、又削り出しで自分オリジナルの銘板を
製作したいと考えられている方、お気軽に弊社までお声がけください。
posted by mukae at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の取り組み

2023年05月16日

動画撮影


突然ですが

株式会社ムカエとはどういう会社で、職場ではどのようなことをしているのか?
お取引先様のみならず一般の方まで幅広く知っていただくため
企業PR動画を作成することにしました。


本日は晴天に恵まれ、初夏の気候で日に当たると少しチクチクするような日差しですが
吹いてくる爽やかな風のおかげで汗をかくこともなく、屋内はもちろん屋外での撮影も
スムーズにおこなわれました。


設計や製造、加工や計測の様子などなど、
日頃のわたしたちの作業風景を映像に収めていただきました。

IMG_0136.JPG
IMG_0145.JPG
IMG_0149.JPG



今回ドローンを使った撮影もあり、会社全景やお隣りの蛭子神社も収められています。
1〜2分の動画に編集されるという事で、今から出来上がりが待ち遠しいです。
公開をお楽しみに!




ちなみに、、この写真の中にドローンが飛んでいるのですが
みなさん分かりますか?
(ヒント:黒い本社建屋の上空)

IMG_0166.JPG



posted by mukae at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年04月04日

営業マン

DSC_0112.JPG


営業マンは持ち船が故障中涙ぽろりのため岡山へ花見に出かけました。

IMG_9614.JPG
IMG_9615.JPG


会社の枝垂れ桜も毎年、綺麗に咲き5年後ぐらいには観光名所に
なるのではと営業マンは思っております。

来年は当社へ花見に皆様お越しください(笑)



posted by mukae at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業マン

2023年02月22日

大阪・関西万博2025


2005年に愛知県で「愛・地球博(愛知万博)」が開催されましたが
あれから20年 ー

このたび2025年に 大阪 夢州で「大阪・関西万博2025」が開催されるとあり
ムカエより寄付をいたしました。

開催目的のひとつ「持続可能な開発目標(SDGs)達成への貢献」をめざし
時代の流れとともに一歩先の未来を見据え、カーボンニュートラル・GXへの取り組みを
加速させる良い機会ととらえ、万博への積極的な参加で意識を高め
当社もモチベーションあげていこうと思います。


それに伴い「万博の桜2025」へも寄付を行いました。
こちらは、世界中から大阪万博に来られた方々を桜で出迎え、より盛り上がって頂こうと
万博拠点をはじめ、大阪市内のあらゆる公共の場(公園や駅前広場等)や施設に
桜を植えるプロジェクトであり、当社も賛同し寄付する運びとなりました。

植樹した桜には寄付者のネームプレートが掲げられるのですが
2023年末〜2024年始めにかけての植樹予定だそうです。
どの場所に表示されるのか予想し、来年お花見がてら確認しに行くのも楽しそうですね。


さらに、万博寄付への感謝状なるものまでいただきました。
最近では賞状というものをあまり見かけなくなったように個人的に感じておりましたが
こうして頂戴し手に取ってみると、やはりありがたいものですね。
本社の玄関入ってすぐ左手に飾っておりますので、お越しの際は是非ご覧ください。

万博賞状.JPG


また、デザイン発表当時から色々と話題になっていた「ミャクミャク」くんですが
万博を推進協力する企業にはロゴマークの使用が認められており(使用許可申請認定済み)
今後当社の名刺にも登場しますので、名刺交換をされる際にはご注目ください。


posted by mukae at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の取り組み

2023年02月01日

鳥居復元プロジェクト〜6回目〜

さて、「鳥居復元プロジェクト」も6回目の更新となり今回で最後となります。
最終回は地域の皆様にお披露目する、十日戎の様子を紹介させていただきます。

1.新しくなった鳥居と旗をあげた様子です。
 両端に旗がたつと一段と立派です。堂々としたその姿に感動いたしました。
DSCN5424.JPG
DSCN5409.JPG

2.境内に飾り付けが施され、蛭子様にお供え物をした様子です。
 普段は境内の扉は閉まっているのですが、蛭子様にもお披露目ができました。
DSCN5418.JPG
DSCN5421.JPG

3.副笹とお餅をいただきました。
 商売繁盛の縁起物といわれ、米俵・小判・鯛などといった縁起物を付け、
 持ち帰って飾ると福を授かるといわれている副笹とお餅です。
DSCN5426.JPG

例年であれば、餅まきが開催されたくさんの人で賑わうのですが、
コロナ禍ということもあり、餅まきは開催されませんでした。
しかし、お参りに訪れた方々から感謝の声をいただきました。

蛭子様にも、地域の方々にも無事お披露目ができ、喜んでいただき、
今年も1年無事で、商売繁盛となりますように。

「鳥居復元プロジェクト」としては最後のアップとなりますが、
ムカエの取組みやその他いろいろな情報を順次アップして参りますので
今後の情報もお楽しみにお待ち下さい。
posted by mukae at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の取り組み